ビールには骨を強くする効果あり

飲酒をしないという人には様々な理由があると思います。
しかし、週に少しでもビールを飲むことで健康や体に良いとしたら、どうでしょうか?
今日はビールが苦手な方、特に女性に必見の記事をお届します。

夏といえば…お酒を代表するあの飲み物の効果

大量のお酒を長年の間摂ることは、肝硬変になるなど様々なリスクがあると思います。
しかし、冷たいビールを時々飲むことが女性、特に年配の女性に多いとされる骨粗鬆症に効果的である可能性があります。

National Osteoporosis Risk Assessmentが発表した最新の調査では、ビールを少し飲むだけでも閉経後による骨密度の低下と骨折のリスクを抑える効果がある可能性を示唆しています。

一日一杯のビールを続ければ、骨粗鬆症予防になる

National Osteoporosis Risk Assessmentの行った調査では、閉経期を迎えた20万人の女性に様々な種類のアルコールを2年間摂取してもらい、12か月間追跡調査をしたというもので、骨密度の測定個所として被験者のかかと、指、前腕部が使用されました。
また、この研究ではアンケート結果から抽出した骨密度が低くなる要因を使い、12か月間の被験者たちの骨折したかどうかの率を調べたものです。

気になる研究結果は?

骨粗鬆症のリスクの要因は、喫煙とコルチゾンの使用という事でした。
また、骨粗鬆症危険を減らす要因は、運動と適度なアルコール摂取と結論付けられ、それにはビールが一番効果的であったそうです。

ビールが苦手という女性は少なくないと思います。
最近ではレモンやチョコ風味のビールなどが販売されており、ビール離れを防ごうという動きもありましたね。
是非ビールを飲んで骨粗鬆症対策を行っていただきたいですが、くれぐれも飲みすぎは注意してください。

引用元:http://www.naturalnews.com/053618_beer_osteoporosis_womens_health.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。