既婚者はガンになった場合、未婚者より生存率が上がる

最近の調査で既婚者は未婚者より、ガンになった場合でも生存率が上がる可能性があり、それは結婚したことによって、経済的に余裕があるからという理由だけではないようです。

ニューヨークタイムス掲載の調査

ガンになった場合、既婚者が未婚者より長生きすることが分かりました。主な理由は社会的・精神面でのサポートがあるか・ないか、によるようです。

このニューヨークタイムス掲載の調査では約78万人のガン患者(ガンによる死亡者約38万人を含め)を調査しました。この調査では患者の生活のレベルを測るため、健康保険のデータや近隣の社会的経済レベルを参考にしたようです。

sponsored link


この調査で分かったことは未婚男性のガン患者ガンによる死亡率が27%高まり未婚女性のガン患者は死亡率が27%高まることが分かりました。

ニューヨークタイムスによると異なる人種や民族グループが生活の質への役割を果たしているのかどうか、を分析しましたが、人種や民族ループが生活の質へ及ぼす影響は少ないと結論付けています。また、より社会的なサポートこそが生活の質への影響を及ぼす要因としました。

結論

この記事ではお金がある人ほど、ガンの生存率が上がるというわけではないことが証明されました。自分の健康を害した時、一番の薬になるのは家族の存在なのかもしれません。

引用元:http://time.com/4288843/marriage-cancer-survival-support/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。