仕事があなたの睡眠を奪っている?アメリカ人の仕事事情について

夜はしっかり眠れていますか?
仕事で悩んで寝つけないことはありませんか?
『Daily Mail』掲載の調査によると、働いているアメリカ人の半分近くが夜に仕事のことを考えてしまい、寝つくことが出来ないとの結果が出ました。
これはCareer Builderというアメリカの求人サイトの行った調査で、多くのアメリカ人が睡眠不足であると回答し、中には仕事中に寝てしまうと答えて人もいるそうです。

アメリカに住む3200人の回答者のうち約半数は睡眠不足

この調査ではアメリカに住む3200人の労働者の回答結果から得られたもので、回答者の44%が夜に仕事のことを考え、寝つけないと告白し、更に回答者の58%が十分に寝られていないと答えたそうです。
睡眠時間に関しては25%以下の回答者が8時間以上の睡眠を取ることを勧められたと答えました。
残りの63%は一日6~7時間の睡眠を取っていると回答し、あとの21%は5時間以下の睡眠であると答えています。

sponsored link


睡眠中にも仕事のことが出てくる!?

他にも面白い回答が得られています。
調査した労働者の大半が仕事のことが夢に出てくると答えています。
調査対象者の60%
が仕事の夢を見たことがあると回答し、10人に一人の割合でそれが定期的にあると答えたのです。

こんな夢を見ている

同僚と関係を持つ
上司を叱る(叱られるのでなく)
同僚とケンカする
パジャマまたは裸で出勤する

アメリカン人だけでなく日本人でもたくさん同じような人がいると思いますが、3200人うちの大半が上記のような夢を見ているという事で日本人より精神的に強そうなアメリカ人も結構病んでいるようです。

引用元:http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3519956/Is-work-ruining-sleep-habits-Nearly-half-Americans-stay-night-worrying-careers-study-claims.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。