二日酔いの時に実践しよう!残り酒を解消してくれる食材たち

二日酔いがつらい…そんな時に

ズキズキと痛む頭、カラカラの喉、凄まじい倦怠感…もう二度とこんな思いはと反省しながらも、ついついやってしまう二日酔い。

今日はそんな二日酔いの苦しみを和らげる働きをしてくれる食材を紹介したいと思います。

・ピクルジュース

ピクルジュースは要するにピクルスの漬け汁を指します。Spoon Universityというサイトによればこのピクルジュース四分の一カップを寝る前か起床してすぐに飲めば、二日酔いを未然に防ぎ、飲みすぎて二日酔いになったとしても吐き気などの症状を和らいでくれるようです。

二日酔いに効く理由はピクルジュース(ピクルスの漬け汁)の大半は塩分と酢で出来ているため、飲めば体が水分を蓄えようとするからだそうです。海外ではペットボトルで販売していますので、興味のある方は試しに買ってみるのも良いでしょう。

2ピクルジュース 

・バナナ

アルコールを摂取するとカリウムマグネシウムが尿とともに排出され、これが二日酔いの原因となります。

そんな時に食べると良いのがバナナです。バナナにはカリウムマグネシウムが豊富に含まれ、飲酒の際に失ったカリウム、マグネシウムを補ってくれます。また、バナナには安眠効果もあるので、深酒後のダメージのある体をしっかり休ませてくれます。

バナナ

・卵

は栄養価が高く、二日酔いの気持ち悪さやどんよりとした気持ちも解消してくれる効果があります。また、にはアルコールを飲んだ際に体内で生成される毒素の排出を助けてくれるアミノ酸も豊富に含んでいます。

thF0VBB0NH

・野菜と果物

バナナと同様、野菜や果物の多くが、飲酒によって失われる重要な栄養源であるビタミンB、ビタミンC、鉄分を含んでいます。

オススメは野菜と果物でスムージーを作ることです。スムージーを飲めば、野菜と果物の栄養成分が取れるだけでなく、飲酒によってカラカラになった体を癒してくれます。

また、食欲がなくてもスムージーであれば、無理なく口にすることが出来る点も魅力です。

thGJ27AY15

 

 

最近では、薬局に行けば二日酔いを和らいでくれる薬などが買える時代です。ですが、たまには薬の力に頼らず、身近にある食材を使用し、自然な治癒力を得てみるのも良いかもしれません。

http://www.naturalnews.com/053680_hangover_foods_alcohol_consumption_natural_remedies.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。