歯医者にかかれば眠りの質が良くなる!?

歯と睡眠との間にはいくつもの関連性があります。睡眠中に起こりやすい歯ぎしりなどは歯にダメージを与え、時にはそれが痛みにもつながる可能性があります。

加えて、顎の形歯並びを歯科医に見てもらうことは、いびき睡眠時無呼吸症候群のリスクがあるかどうかを見てもらうことにもなります。

例えば歯の矯正などがそれに当たります。もし、歯科医が治療中に睡眠やいびきについて質問してきた場合はそのような理由があるのです。

睡眠中の歯ぎしり

睡眠中に歯ぎしりや歯を食いしばるなどの行為は睡眠中によく起こります。

これら歯ぎしりの原因となるのがストレスや不安です。

ストレスや不安が増せば増すほど、歯ぎしりや食いしばりが睡眠中に起こりやすくなります。もし、顎や歯の痛みが日常的にある方は食いしばりや歯ぎしりを睡眠中にしている可能性があります

また歯の食いしばりや歯ぎしりなどは睡眠時無呼吸症候群を引き起こす原因となります。

睡眠時無呼吸症候群とは睡眠中に一時的に呼吸が止まってしまうことで、睡眠中にいびきや呼吸が乱れるなどの症状があり、起きてから口が乾く頭が痛いなどの自覚症状があればその可能性が高いと思われます。

結果的にこれらの要素が睡眠の質を下げることになるのです。

sponsored link


歯ぎしりやいびきが酷い場合、どうすれば良いか?

まず、歯ぎしりやいびきが酷い場合は歯医者さんにかかりましょう。これらの原因は歯に原因を見いだせる可能性があるからです(歯を矯正するなど)。

また歯科医は睡眠医学にも深いつながりがあるので、睡眠専門の医療機関などの紹介を行ってくれる場合もあります。

睡眠に関して問題を抱えている方、特にいびきや歯ぎしりなどで悩んでいる方は歯医者さんに行けば症状の軽減・改善に繋がるかもしれません。

引用元:http://www.huffingtonpost.com/david-cunnington/can-your-dentist-help-your-sleep_b_9648592.html?utm_hp_ref=healthy-living

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。