カナダのコストコで売っている冷凍フルーツがA型肝炎を引き起こす可能性

コストコの冷凍フルーツ

カナダのコストコで販売されている冷凍フルーツ製品がA型肝炎を引き起こす可能性があるとアメリカ・カナダ両政府関係者が警鐘を鳴らしています。

今回A型肝炎ウイルスによる汚染の疑いがある食品としてカナダ食品検査庁が発表したのは、Nature’s Touch社のOrganic Berry Cherry Blendという製品です。

カナダ食品検査庁によるとOrganic Berry Cherry Blendはオンタリオ州やケベック州など主にカナダにある州のコストコで販売されていたものである、と付け加えています。

これに対してNature’s Touch社は既に汚染の疑いがある全ての製品の自主回収を行ったとのことです。

カナダでは12件のA型肝炎に関連した症例が広まっており、その患者のうち数名は製品の自主回収が行われていた2月から3月の期間内に汚染の疑いがある製品を口にし、体調を崩したと話しているようです。

カナダ公衆衛生庁関係者によれば、A型肝炎ウイルスによる汚染の疑いがあるOrganic Berry Cherry Blendは内容量約1.4kgのもので、賞味期限が2018年3月15日より前のものであると公表しています。

汚染された製品は匂いや肉眼では判別が出来ないようです。また、感染ルートなどの詳細も明らかにはなっていません。

th

sponsored link


A型肝炎とは?

A型肝炎は劇化すると肝臓が炎症を引き起こし、主な症状は発熱や全身の倦怠感、吐き気・嘔吐、下痢などが挙げられます。

症状は今回のように汚染された食品を口にすることで発症し、症状は15日~50日ほど続くようです。他にも感染原因として性行為が挙げられます。

感染予防用のワクチンはあるようですが、治療薬はないとのことです。発症すれば場合によっては1か月ほどの入院が必要ともされています。異変を感じたら、まず病院に行くことが大切なようです。

引用元:http://time.com/4297359/costco-hepatitis-a-recall-fruit/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。