旅行先などで寝つけないのは神経質だからじゃない!?

旅行先や友人宅に泊まった際、なかなか寝つけないという経験は誰しもあることだと思います。

自分は神経質なのだろうかと思ってしまうかもしれませんが、寝つけない原因はそれだけではないかもしれません。

睡眠に関する研究

米国ブラウン大学は人が慣れない場所で寝ている時に脳内で何が起こっているのかという研究を行い、その結果をCurrent Biologyに掲載しています。

この研究では若く、健康に問題のない対象者35名を選び、睡眠中の脳内活動を観察しました。

sponsored link


なぜ慣れない場所で人間は寝つけないのか

この研究結果では初日に不慣れな場所で寝つく際、人間の脳内である面白い現象が起こっていることを観察できたようです。
それは睡眠中に左脳だけが覚醒状態にあるという点です。

睡眠中に片方の脳だけが覚醒状態にある動物は人間以外にクジラやイルカ、鳥類に見られ、その主な理由として夜間敵に襲われないよう体が警戒状態にあるからだとしています。

ブラウン大学の玉置應子氏は“新しい環境下では我々人間も周囲を見張ったり、不審者から身を守るために監視システムの様なものが必要なのかもしれません”と語っています。

我々人間も睡眠中は無防備であり、脳の一部が起きていることによって、危険から身を守る役割をしているのかもしれません。

また、この研究では対象者にイヤフォンを付けて寝てもらう実験も同時に行ったところ、左脳の大半が右脳より高音に反応しやすいことが分かったそうです(左脳が睡眠中の警戒を担う役割があると仮説を立てている)。

しかし、この研究調査でもなぜ睡眠中に左脳が反応し、右脳はそうでなかったのか等、未解明の部分が多々あるとのことです。

最後にこの研究で見られたもう一つの興味深い側面は、左脳が睡眠中に覚醒状態にあったのは、全て初日の夜だけであったということです。次回慣れない場所で寝る際はそのことを覚えておくと良いかもしれません。

引用元:http://time.com/4303394/sleep-disorders/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。