シドニーで発見され命を助けられた犬が教育係として活躍中

スタッフォードシャーブルテリアのパイクレット君は死にかけていたところをシドニーに拠点を置くビッグドッグレスキューという団体に助けられました。

3

現在パイクレット君はドッグレスキューにて養育され、シドニーのあるご家庭でもらわれることになっています。
それまで彼はドッグレスキューでお兄ちゃん犬として養育される犬たちの教育係をしています。

sponsored link


インスタグラムではドッグレスキューでの犬たちの生活が日々アップされています。

1.jpg 2

引用元:http://www.dailymail.co.uk/femail/article-3562919/Exhausted-injured-covered-fleas-adorable-puppies-death-row-thriving-helping-care-foster-dogs.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。