ペットを飼うのが健康に良い理由とは

ペットとして飼っている犬とその飼い主の心臓の鼓動がシンクロしていることがオーストラリアの研究者によって分かったとデイリーメールが伝えています。

犬とその飼い主の心臓の鼓動はシンクロしている

犬とその飼い主の心臓の鼓動はシンクロしている

ペットをその飼い主から離してしばらく生活した後、また一緒に生活すると心拍にどのような影響があるか調べたところ、ペットも飼い主も心拍が落ち着き、次第にお互いの心拍がシンクロするようになったとのこと。
これは犬とその飼い主との絆が大変強いことを示すといいます。

sponsored link


研究をしたのはメルボルンのモナシュ大学のマイア・カッブ研究員
米国のハフィントン・ポストに「ペットと飼い主の心拍がこれほどぴったりシンクロするとは驚きました」と話しています。
共同研究員のクレイグ・ダンカン博士は「今の時代ストレスが死因となる人も多いので、我々はペットを飼うことが日々のストレスを解消するためにどう役立つかを研究している」と話しています。
ペットフードメーカー ペディグリーの協力で行われたこの研究で、犬を飼うことが心臓に良い影響を与えると分かったのです。

犬を飼うことが心臓に良い影響を与える

犬を飼うことが心臓に良い影響を与える

ペットを飼うこと、特に犬を飼うと散歩をするようになるので健康に良いことや、淋しさが軽減されること、失明の主な原因とされる緑内障の予防にもなるということはすでに明らかになっています。

引用元:http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3568690/Dogs-hearts-beat-sync-owners-says-latest-study-having-pet-good-keeping-healthy.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。