避けた方が良い食べ物の食べ合わせ

フルーツは食べた後すぐに胃に向かい、腸内で吸収されます
しかし、穀類や肉類、乾物などと一緒に食べた場合、消化管に長く留まってしまい、消化管内で発酵し始めます。
これが腸壁にダメージを与え、様々な体の問題につながるようです。

動物性たんぱく質の物と炭水化物の食べ合わせ

動物性たんぱく質と炭水化物を食べ合わせた場合、双方の主栄養素同士が互いを打ち消し合いを始めます。別の消化酵素が互いにぶつかり合うとガスを発生させ、胃もたれや消化器官に多量のガスをためてしまうそうです

パスタ

sponsored link


ライムと咳止めの薬

ライムは咳止めのに配合されている成分の体内での分解を阻んでしまう働きをします。ライムの働きにより、血中に分解されなかった咳止めの成分は不眠幻覚を引き起こします。ライムジュースと咳止めを一緒に飲むのは禁です。

ライム

トマトと炭水化物

トマトは酸味を含んでおり、これが炭水化物を多く含む食品(ピザ、パスタ)などと摂ると消化不良や逆流性食道炎の原因となります。

piza

シリアルと牛乳

シリアルと牛乳の組み合わせは鉄板であると思っている方多いと思いますが、違うようです。牛乳もシリアルも消化が早く、血糖値を急激に上げ、それが徐々に低くなってくると体に疲れを感じさせ易くなるそうです。消化が良すぎてしまうとおなかが空き、より食べたくなる要因を引き起こします。

Jonathan-Lin-Wheaties-e1425306847643

引用元:http://healthypanda.net/9-harmful-food-combinations-that-you-should-always-avoid/6/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。