フェイスブックで話題になった写真は他人が勝手に撮影したものだった

facebookに投稿された、11歳の脳性マヒの少女の写真。

「わたし、きれい? ― きれいだよ、と言おう。そして、祈ろう」

歩行補助器具を一生懸命に使い、はじけるような笑顔を見せる様子が胸を打つこの投稿は、33000件以上のコメントと、61000件以上のいいね!、3900件以上のシェアという反響を生みました。

しかしこの投稿、実は、見知らぬ人が勝手に撮影し、投稿したものだったのです。

この少女の母はこのことを知り、大変なショックを受けました。

sponsored link


母親が感じた4つのこと、それは・・・

1.この投稿は直ちに削除されるべきだ

2.フェイスブックの運営側が、このような投稿の再発防止に手を打つべきだ

3.身体にハンディキャップを負った子供の写真に安易に同情のコメントを載せたり、軽々しくシェアしたりするべきではない

4.私の娘は、「かわいそうな子」ではない

少女の親であるマーシーさんはこう言います。

私の娘は、素晴らしい子です。
日々思いもよらぬ成長を遂げ、学校が大好きで、ダンスのレッスンを楽しみにしています。
今はiPadで遊ぶことに夢中で、この夏にはキャンプに行くことを楽しみにしています。

軽率な「かわいそう」という気持ちが、人を傷つけてしまうこともあります。
一生懸命に生きる子供たちそれぞれを、自立した個人として尊重し、本当の意味であたたかく守り育てていける社会になっていくとよいですね。

引用元:https://www.yahoo.com/beauty/when-my-daughter-appeared-in-1426781360226358.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。