60年前に盗まれた切手が発見

“さかさまジェニー”として知られる、60年前に盗まれた有名な切手が発見されました。

この価値ある切手は、1918年に、”ジェニー”と呼ばれる複葉機をモチーフにして制作されましたが、ジェニー複葉機が誤って上下逆さまに印刷されてしまっているのが特徴です。

現存4枚の、この”さかさまジェニー”の切手のうちの1枚であるこの切手は、1955年、ニューヨークの美術応援者であった女性が、ヴァージニアでのショーで展示した際に盗まれてしまいました。
その女性の死後、切手の所有権だけが、ペニンシュラ研究図書館に譲られていました。

2016-06-02T203348Z_1689527914_S1AETHQPHKAB_RTRMADP_3_USA-STAMP.JPG.cf

24セントだった”さかさまジェニー”は、状態は良好ではないものの、20万ドルの価値があるということです。

切手の価値は、絵柄だけでなく、辿った波乱万丈の軌跡からも高まるのかもしれませんね。

引用:https://www.yahoo.com/news/rare-u-biplane-stamp-stolen-six-decades-ago-121935212.html?nhp=1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。