就寝前に特に避けたい食べ物

我々の口にする食べ物は、活動レベル、気分、そして睡眠の質に影響します。
睡眠の質が悪いと、夢にまで悪影響が及ぶ可能性が。

今回は、眠りに悪影響を及ぼしやすいとして、特に夜避けたいとされている食べ物を取り上げます。

1.チーズ
チーズに含まれるトリプトファンは、精神を安定させるセロトニンの生成を促します。
しかし、就寝直前にチーズを摂取すると、セロトニン生成が入眠後に低下するため、悪い夢をみやすくなるのではないかと考えられています。

2.保存肉・加工肉

寝る前に、たまには贅沢して、ワインと一緒に生ハムを・・・なんて思い描くのは、想像の世界に留めた方がよいかもしれません。
血圧に影響を及ぼしやすいので、人間が本来持っている睡眠中のリズムを乱すおそれがあるそうです。

sponsored link


3.カレー
夜遅くにカレーを食べると、スパイスの影響で、体の働きが活性化しすぎ、質の良い睡眠の妨げになるようです。
夕食にカレーをという日は、なるべく早い時間に夕食をとるなどの工夫をしたり、
帰りが遅くなった日に、レトルトカレーで済ませる・・・といったことを避けたりした方がよいかもしれません。

4.ピクルスや発酵食品
豆腐や味噌も良くないそうです。

5.アルコール
tumblr_inline_o74bxyWl6k1u014du_1280
体内での分解において負担が大きいので、寝酒も、睡眠の質を低下させるものの一つ。

6.チョコレート
ダイエットの観点からも、避けた方がよさそうです。

tumblr_inline_o74bt6TKKc1u014du_1280.png.cf

書き並べると、随分と制約が多いような気もしますが、
結局、寝る前には、できるだけ何かを口にすることは避けた方が良いということのようです。
どうしても寝付けないような空腹のときは、上記の食べ物を避けることを少しだけ意識してみてくださいね。

引用:https://www.yahoo.com/beauty/these-foods-might-be-giving-you-nightmares-163840822.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。