離婚問題で話題のジョニー・デップ、昔の広告がSNSで話題に

日本では舛添都知事が昔、自身が本人役で登場しているファミコンゲーム内で公私混同はダメと説教をしているシーンがあるとしてワイドショーのネタになっていますが、今離婚問題を抱えているジョニー・デップにも似たようなことが起こり、ツイッターで話題になっています。
1

2

sponsored link


3 4

5
彼の場合は発言でなく、2015年に広告塔となったディオールの香水のタイトル、Sauvage。自然のままのとか、野生のといった良い意味でも使いますが、野蛮な、暴れるなどの意味もあり、DV疑惑を抱えている今のジョニー・デップのイメージにぴったりとしてツイッター上でCM動画が拡散さえています。
話題の動画はこちらです。

引用元:http://www.dailymail.co.uk/femail/article-3623551/Johnny-Depp-Sauvage-Twitter-ridicules-actor-s-moody-Dior-fragrance-campaign-amid-allegations-beat-Amber-Heard.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。