日本人がサングラスを選ぶ際に、知っておきたいポイント

街中でカッコよくサングラスをかけている外国人、素敵ですよね。
日本人がサングラスをかけると、どうも野暮ったい、しっくりこない、無理してる感が出る・・・なんて思うことはありませんか。

実は、アジア人には、サングラスが似合いにくくなる、顔のつくりの特徴があるのです。
中でも重要なポイントが、鼻と頬

サングラスをかけると、鼻が低く見えやすくなります。また、鼻が低い人がサングラスをかけると、ずり落ちやすいということも特徴です。
また、目元の幅をシャープに見せる作用のあるサングラスは、頬の丸みを強調してしまいます。

でも、実は、選び方を工夫すれば、アジア人の顔でも、サングラスを似合わせることができるのです。

sponsored link


2

選び方のポイントは4つ。

・ノーズパッドが幅広であること
・ツルとレンズが垂直であること
・ブリッジ部分が幅細であること
・横幅の広いつくりであること

3

・ノーズパッドが幅広であること/ツルとレンズが垂直であること
鼻が低くてもずり落ちが少なくなります。

・ブリッジ部分が幅細であること
ブリッジ部分が幅細だと、サングラスをかけていても鼻が高く見えやすくなります。

・横幅の広いつくりであること
横幅の広いつくりだと、頬の丸みが悪目立ちすることを防いでくれます。

4

この夏はあなたも、サングラスに挑戦してみませんか?

引用:https://www.yahoo.com/beauty/why-asian-people-cant-glasses-135109458.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。