コーヒーに認知機能を改善させる効果もあり!

高齢者の知的反応を改善させる効果がカフェインにあるかもしれないとブリストル大学の研究グループ認知神経学会の年次総会で報告しました。

コーヒーに認知機能を改善させる効果もあり!

コーヒーに認知機能を改善させる効果もあり!

カンチャン・シャルマ博士の率いる研究グループが行なったのは、健康な高齢者にカフェインを含む錠剤と含まない錠剤を一日おきに服用してもらって反応時間と注意力をテストするというもの。
コーヒー2杯分のカフェインを含む錠剤を服用したときは、注意力がアップしたといいます。
「健康な人がカフェインを摂取すると認知反応時間や単純な物事の決定時間を短縮できる」とシャルマ博士は話します。
この発見により認知症患者に対するカフェインを用いた新しい治療法が開発される可能性があるそうです。

sponsored link


カフェインが認知症の治療に新たな光を与えるか

カフェインが認知症の治療に新たな光を与えるか

現在、多発性硬化症パーキンソン病の治療に応用できるかの研究が始まったばかりですが、
注意力欠陥障害に効果があったことに研究者たちは注目しているとのことです。
「通常の集中力を持つ健康な人の場合はあまり効果がないようだ。定期的にコーヒーを飲んでいる人も効果は小さい」とシャルマ博士は報告し、「効果を上げるには、カフェインを取らずに作業を始めて、集中力が切れたと思ったらカフェインを摂るとよい」と話しています。

引用元:http://www.dailymail.co.uk/health/article-3526871/It-won-t-just-wake-morning-coffee-speeds-reaction-times-raising-hopes-caffeine-help-treat-dementia.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。