火星人はやっぱりいる?人型らしきものをNASAが撮影

人類火星移住プロジェクトが進んでいるという噂もある中、火星で人型らしきものが撮影されました。
359894D200000578-3656868-image-m-18_1466703779092
この写真はNASAが撮影したものだそうで、ただの大きな岩の影とNASAはコメントしています。
UFOや宇宙人の存在を信じている人たちはそれに反対していて、直径15㎝程になるこの影はアタカマ・エイリアンと似ていると語っています。

sponsored link


アタカマ・エイリアンとは

南米チリ・アタカマ砂漠で2013年に見付かった生物らしきもので、DNA鑑定では人間という結果が出ていましたが、一部では宇宙人と人間のハーフだという人もいます。
1

何を信じるかはあなた次第。

引用元:http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3656868/Have-UFO-hunters-finally-absolute-proof-life-Mars-Latest-strange-claims-says-Nasa-photo-shows-tiny-human-like-alien-peering-rock.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。