親の悩みの種・子供の指しゃぶりでアレルギー発症率減少

子どもの指しゃぶりに悩む親は多いのではないでしょうか?そんな親の気持ちがちょっと楽になる情報がありました。
3626133100000578-3683702-image-a-35_1468192991485
科学者の研究結果によると、爪を噛んだり親指をしゃぶったりしている子は、大人になった時アレルギーになる確率が癖のなかった人に比べると五分の一だったそうです。爪についているバクテリアが免疫効果を作るのではと考えられています。
大抵の子は3歳から6歳の間に指しゃぶりをしていますが、あまり大きくなってからも指しゃぶりをしていると大人の歯が生えてくる時に悪影響が出るのでその点だけは注意しましょう。

引用元:http://www.dailymail.co.uk/health/article-3683702/Children-bite-nails-suck-thumb-cut-risk-developing-allergy-adult-fifth.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。