アイデア次第で椅子にもテーブルにもなる風変わりな家具

6角形のパーツがハチの巣型に並べられ、組み合わせ次第で椅子やソファ、ベッドなどにもなるという「デジタル変形ソファ」Lift-Bit

使う人のアイデアが試される風変わりな家具

使う人のアイデアが試される風変わりな家具

建築家カルロ・ラッティの建築デザインスタジオがスイスの家具メーカー ヴィトラと共同開発し、その試作品は4月12-17日に開催されるミランデザインウィークでお披露目されます。

sponsored link


椅子やソファ、ベッドにもなる

椅子やソファ、ベッドにもなる

Lift-Bitはタブレットのアプリを使って、あるいは手を動かすだけでパーツ一つ一つの高さが変わり、様々な家具に変形するというもので、公式ホームページによると「変形には数秒しかかからず、必要や希望に応じて組み合わせは無数にある」とのこと。サイト上で様々な組み合わせを見ることができます。

Lift-Bitとはどのようなものか、こちらの動画で確認

長期間変形しないままでいると「そろそろ変形を楽しんでくれないか」と言わんばかりに勝手に変形を始めるのだそうです。
現在4色発売の予定で、予約販売でのみ価格は1250㌦とのことです。
あなたもおひとついかがでしょうか。

これ一つで様々な家具の役割を果たすならお値打ちでしょうか?

これ一つで様々な家具の役割を果たすならお値打ちでしょうか?

引用元:http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3529172/The-piece-furniture-ll-need-Bizarre-shape-changing-sofa-transform-table-bench-tap-app.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。